[ Cognito ] 認証メールの内容をカスタマイズする

Cognito でユーザー登録やパスワードリセット等の認証が必要になるAPIを呼び出した場合、認証メールが送信されるのですが AWS のコンソールからだとメッセージ内容を柔軟にカスタマイズすることができません。 Lambda 関数を使用すると,柔軟にカスタマイズすることができます。

AWSのサービス一覧 ▶ Lambda ▶ Create Function を選択して Node.js 6.10 のメール内容をカスタマイズする Lambda 関数を作成します。

exports.handler = (event, context, callback) => {
  if (event.userPoolId) {
    if (event.triggerSource) {
      let func = getEmailMessageByEvent(event);
      event = func(event);
    }
  }
  context.done(null, event);
};

let getEmailMessageByEvent = (event) => {
  let func;
  switch (event.triggerSource) {
    case 'CustomMessage_SignUp':
      func = getSignupMessage;
      break;
    case 'CustomMessage_ForgotPassword':
      func = getForgotPasswordMessage;
      break;
    case 'CustomMessage_UpdateUserAttribute':
      func = getCustomUpdateMessage;
      break;
    case 'CustomMessage_ResendCode':
      func = getResendCodeMessage;
      break;
    default:
      func = getDefaultMessage;
      break;
  }
  return func;
};


let getCustomUpdateMessage = (event) => {
  event.response.emailSubject = '【ユーザー情報の変更】認証コード';
  const msg = `認証コードは ${event.request.codeParameter} です`;
  event.response.emailMessage = msg;
  return event;
};

let getResendCodeMessage = (event) => {
  event.response.emailSubject = '【再送】認証コード';
  const msg = `認証コードは ${event.request.codeParameter} です`;
  event.response.emailMessage = msg;
  return event;
};

let getDefaultMessage = (event) => {
  return event;
};

let getSignupMessage = (event) => {
  event.response.emailSubject = '【新規登録】認証コード';
  const msg = `認証コードは ${event.request.codeParameter} です`;
  event.response.emailMessage = msg;
  return event;
};


let getForgotPasswordMessage = (event) => {
  event.response.emailSubject = '【パスワードリセット】認証コード';
  const msg = `認証コードは ${event.request.codeParameter} です`;
  event.response.emailMessage = msg;
  return event;
};

event.triggerSource で CustomMessage の種類が取得できるのでそれに応じて メールの内容を変更しています。event.response.emailSubject がメールの件名、event.reponse.emailResponse がメールの内容です。

最後に、AWSのサービス一覧 ▶ Cognito ▶ User Pools ▶ General settings ▶Triggers ▶ Custom Message に先程作成した Lambda関数 , sendVerificationCode を選択します。
これでメール内容のカスタマイズは完了です!

Related Contents

Pickup Contents