iOSアプリでデータを保存する時の注意

データの参照場所を絶対パスでCoreData等に永続化する作りにしてしまうと、アプリを実行するごとにドキュメントディレクトリの場所が変更されてしまうので次回アプリを立ち上げるとデータを開くことができなくなる。

なのでファイル名のみを保存しておき、以下のようにして取り出す必要がある。

let fname = "demo.png" // ファイル名
let abspath = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(.DocumentDirectory, .UserDomainMask, true)[0].stringByAppendingString(fname) 
let url = NSURL(string: abspath)!
let data = NSData(contentsOfURL: NSURL(string: url))!

Related Contents

Pickup Contents