pytzを使ってタイムゾーン周りの処理を行ってみる

pytzを使うと複数のタイムゾーンにまたがった日付周りの処理を直感的に処理できます。

pytzの使いかた

pytzでよく使う例を列挙しておきます。

UTCの時間を取得

from datetime import datetime
# タイムゾーンをUTC指定して現在の日付を取得する。
now = datetime.now(pytz.utc)
# datetime.datetime(2014, 12, 25, 2, 13, 22, 490534, tzinfo = < UTC >)

日本の時間を取得

import pytz
from datetime import datetime
datetime.now(pytz.timezone('Asia/Tokyo')
# datetime.datetime(2015, 1, 2, 10, 43, 49, 364798, tzinfo=)

UTC時間を日本時間、日本時間をUTC時間に変換する

from datetime import datetime 
now = datetime.now()
tz_japan = pytz.timezone('Asia/Tokyo')

# UTC時間を日本時間に変換する
local_now = now.astimezone('Asia/Tokyo')

# 日本時間をUTC時間に変換する
utc = local_now.astimezone('Asia/Tokyo')

Related Contents

Pickup Contents