これだけはやっておこう! UITextField周りの実装をするときの3つの注意点

UITextFieldの実装をする場合に以下の3点に気をつけないと使いづらくなってしまう、そんな勘所を3つ記しておきました。以下の実装を行なって 最低限のUXを確保しましょう。

テキスト入力中にReturnキーを入力すると、キーボードを隠す

基本的なことですがこれがないアプリをしばしば見かけます。この実装がないとユーザーはかなり使いづらく感じますのでぜひ実装しておきまましょう。

-(BOOL)textFieldShouldReturn:(UITextField *)textField
{
    [self.searchField resignFirstResponder];
    return YES;
}

テキスト入力中に他の場所をタップするとキーボードを隠すようにする

上と同じくこの実装がないとUXがかなり低下します。

- (void)touchesBegan:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event {
    [self.view endEditing:YES];
}

プレースホルダーの設定

必ずしもではないですが、あるとユーザーは具体的に何を入力していいかがわかるので助かります。

[self.textField setPlaceholder:@"(例) Apple"];

最後に

以上の3つの実装を行なっておくことでUITextField周りの最低限のUXの確保ができます。 Happy Coding!

Related Contents

Pickup Contents