[ Python ] 現在の Git のブランチ名を取得

よく使うのでメモ。

import subprocess

def get_active_branch():
    cmd = "git rev-parse --abbrev-ref HEAD"
    proc = subprocess.Popen(cmd, shell=True, stdout=subprocess.PIPE, stderr=subprocess.PIPE)
    proc.wait()
    stdout_data = proc.stdout.read()
    stderr_data = proc.stderr.read()
    active_branch = stdout_data.decode('utf-8').replace('\n','')
    return active_branch

[ Python ] AWS Lambda を使って LightSail のスナップショットを作成

INSTANCE_NAME には LightSail のインスタンス名を入力してください。

import boto3
import datetime

INSTANCE_NAME = 'XXX'

def create_snapshot(lightsail,name):
    """
    スナップショットを作成
    """
    timestamp = datetime.datetime.now().strftime('%Y%m%d-%H%M%S')
    response = lightsail.create_instance_snapshot(
          instanceSnapshotName = timestamp,
          instanceName = name
    )
    print(f"{INSTANCE_NAME} のスナップショット:{timestamp} を作成しました")
    

def delete_old_snapshot(lightsail,INSTANCE_NAME):
    """
    最も古いスナップショットを削除
    """
    
    all_instance_list_response = lightsail.get_instance_snapshots()
    filtered_instance_list = filter(lambda x: x['fromInstanceName'] == INSTANCE_NAME,all_instance_list_response['instanceSnapshots'])
    sorted_list = sorted(filtered_instance_list, key=lambda x:x['createdAt'])
    
    if len(sorted_list) > 1:
        # 最も古いスナップショットを取得
        old_snapshot = sorted_list[0]   
        old_snapshot_name = old_snapshot['name']
        response = lightsail.delete_instance_snapshot(
                instanceSnapshotName = old_snapshot_name
        )
        print(f"最も古いスナップショット:{old_snapshot_name} を削除しました")
    else:
        print('削除できるスナップショットがありませんでした')
       
   

def lambda_handler(event, context):
    lightsail = boto3.client('lightsail')
    instance = lightsail.get_instance(instanceName=INSTANCE_NAME)
    try:
        create_snapshot(lightsail,INSTANCE_NAME)
        delete_old_snapshot(lightsail,INSTANCE_NAME)
        return 'SUCCESS'
    except Exception as e:
        print(e)
        return 'ERROR'

Vuex で フォームのバリデーションを実装するにはデータバインディングを使わない方がいい

データバインディングに依存したフォームのバリデーションは非同期な処理が入ったり、他のフォームのフィールドにアクセスする必要があると途端にコードが複雑になってしまうのでどうしたものかと試行錯誤した結果、データバインディングを使わなければコードもシンプルかつ低負荷な実装ができるという結論に至った。

フォームに送信するまではバリデーションを行わず、フォームを送信後はリアルタイムにバリデーションを行う例で考えてみる。

.vue 側はこのように書く。


<template>
...
<input type="text" class="form-control"
               :value="form.params.username.value"
               @keyup.stop="update(
                    value: $event.target.value,
                    )”
<span v-if=“form.params.username.error.length > 0”>{{form.params.username.error}}</span>

<button @click=“submit”>submit</button>
...
</template>

<script>

export default {

    methods: {
        update(value){
            this.$store.dispatch(‘updateUserName',value)
        },
        submit(){
            this.$store.dispatch(‘submit’);
        }
    }
}


</script>

上のコードは input タグが文字入力を受け付けるたびに updateUserName というメソッドに input タグの値を引数にして呼び出している。v-model を使用していないのがポイント。

Vuex 側はこのように書く。



state: {
    form: {
        submitted: false,
        params: {
            username: {
                value: ‘’,
                error: ''
            }
        }
    }
}

mutations: {
    validateUserName(state,field){
        if (field.value.trim().length === 0){
            field.error = 'ユーザー名を入力してください’;
        }else{
            field.error = ‘';
        }
    },
    updateUserName(state,payloads){
        // username をセット
        state.params.username.value = payloads.value;
        // submit がまだの時はバリデーションを行わない
        if (!state.submitted){
            return;
        }
        // username のバリデーションを行う
        this.commit(‘validateUserName’,state.params.username);
    },
    submit(state){
        state.submitted = true;
        this.commit(‘validateUserName’,state.form.params.username);
        if (state.form.params.usernname.error === '’){
            // success!
        }else{
            // validation error.
        }
    }
},

actions: {
    udpateUserName(value){
        const payloads = {value};
        if (value.trim().length === 0){
            this.$store.commit(‘updateUserName',payloads);
        }
    },
    submit(){
       this.$store.commit('submit');
    }
}


Vuex 側では 2つの処理を行なっている。

(1) username の値が変化すると, username のバリデーションを行い、username に値をセット。
(2) submit が呼ばれると, submitted フラグを有効にして username のバリデーションを行なっている。

データバインディングを使ったバリデーションよりも処理の流れが細やかに制御することができるし、処理内容も明確になった。

[ Python ] AWS SES を使ってメールを送信する

AWS の SES を使ってメールを送信するコードのメモ。


from boto3 import Session

BODY = “””
<html>
<head>
</head>
<body>
<h1>Hello World</h1>
</body>
</html>”””


TITLE = ’Title'

class SESMailer(object):
    def __init__(self, from_email,emails):
        self.from_email = from_email
        self.client = 
        self.emails = emails

   def get_client():        
        return Session(aws_access_key_id=‘xxx',
               aws_secret_access_key=‘xxx',
               region_name='us-east-1’).client(’ses’)

   
    def send(self):
        try:
            response = self.client.send_email(
                Destination={
                    'ToAddresses': self.emails,
                },
                Message={
                    'Body': {
                        'Html': {
                            'Charset': CHARSET,
                            'Data': BODY
                        },
                    },
                    'Subject': {
                        'Charset': “UTF-8",
                        'Data': TITLE,
                    },
                },
                Source=self.from_email,
            )
            print(“メールの送信を行いました”)
            return response
       except Exception as e:
           print("メールの送信に失敗しました”)
            raise Exception('Could not send Email')


使い方

from_email = ‘from@gmail.com’ # 送信元のメールアドレス
addrs = [‘to1@gmail.com’,’to2@gmail.com’] # 送信先のメールアドレス一覧
emailer = SESMailer(client,from_email,addrs)
emailer.send()